サイクルモードIN大阪

2019年3月2日と3日に行われた

「CYCLE MODE RIDE OSAKA 2019」

日本最大級のスポーツサイクルフェスティバル

今年の来場数もすごかったようですね!!

 

残念ながら参加することはできなかったのですが…

なんと!!

参加したお客様が

今回レポートを作ってきてくれました(^^♪

 

ご本人より許可をいただいたので

残念ながら参加できなかった方はぜひ(≧▽≦)

ぜひ読んでみてください♪

↓ ↓ ↓

 

“ここ数年ほど自分の中では毎年恒例になっていますけど

大阪での『サイクルモード2019』にいってきました。

まぁ、毎度の如くでたまたま仕事の都合がうまくついて

二日間の内どちらか一日だけの参加ではありますが

とりあえず目当てのものは一通り試乗してきました。

で、当日は夜中の1時に福山を出発。

間にサービスエリアで時間調整も含めた仮眠をとりながら

開門の1時間半ほど前に現地に到着。

受付をしてリストバンドをもらい入場列に並びました。

自分の場合は入場券等を前もって用意していたのと

まだ時間的に早かったためか受付がそれ程混雑していなかったので

割とすんなり手続きが終わりました。

ちなみに写真のリストバンドは試乗用のです。

まだ開門まで一時間もあるというのに既にこんなに人が並んでしました。

先頭の人は一体何時から並んでいたのでしようか?

っていうか、そんな時間からもう受付してたのでしょうか?

それから1時間ほどして開門となりましたけど……

あくまでも開門であって入場できるわけではなかった訳でして……。

中に入ると他のゲートから入場者も加わって

会場入り口から更なる行列になっていました。

この時点ではまだ会場内に入ることはできません。

会場内からは何やらセレモニーらしき声が聞こえておりました。

何を言っていたかは分かりませんでしたが

多分偉いさんか誰かが挨拶とかしていたのでしょうか?

で、この場でまた更に待たされました。

で、待つこと……どれくらいだったでしょうか?

やっと中に入れたのでとにかく他のブースには全く目もくれず

真っ直ぐにトレックのブースへ!!……

行ったにも関わらず既に試乗は結構な列をなしていました。

トレックに関してはマドンとそれ以外という並び方をしていたので

先ずは迷うことなくマドンの列に。

ちなみに今年の試乗車はこんなラインナップでした。

やっぱり一番人気だからかマドンが多いですね。

で、その第一ターゲットのマドンSLRです。

やっぱりカッコいいです。

こっちは展示用です。当然ながら乗れません。

それからエモンダSLRです。

さすがに軽かった~~~。

こんなのでヒルクライムに出るのってやっぱ反則だ~~~~!!!!

こっちは展示用です。こちらも乗れません。

ドマーネSLRです。

マドンSL6です。

今回試乗したのはこの4台でした。

自分が乗るサイズはさすがに一番需要があったためか

待ち時間も結構ありましたから最後は本当に疲れました。

で、4台の違いはと聞かれたら……

正直な所、情けないことに“明確な違いを体感できた”

という感じではありませんでした。

でもやっぱり『いいモノは、イイ!!』と言う感じで

どれも軽くて速いというのは体感できたと思います。

 

 

 

試乗用のコースです。

大体2キロメートル位の距離が設定されていました。

コースの写真ももう少しは撮りたかったのですけど

止まろうと思ったらその要所要所で係員がいたので

撮れたのはこの一枚だけでした。

コース自体は一応若干のアップダウンがありましたが

とにかく基本平坦で、まぁこういったロードバイクでしたら

あっという間に走り切ってしまいました。

それだけにエモンダの最大の武器をどこまで感じられたのか……

というコースでしょうか。

それから試乗ですが

他の特に有名メーカー等は早々に予約しないと乗れなかったみたいで

自分があとから回ってみた限りでは

もう試乗できそうなメーカーは無かったみたいでした。

なので、結局乗れたメーカーはトレックのみでした。

まぁ、運よくたまたま空きができて

そこに上手く潜り込めた人も何人かいたみたいですが

そういうのはまれですね。

トレックみたいにとりあえず並ばせて

順番に乗せていく方法はとれなかったのでしょうか?

他所の状況はわかりませんが

トレックは人の回転が割とよかったのか

とりあえず並んでしまえば結構乗れただけに少々疑問に思いました。

 

 

 

それとなぜかブースの中にこんなのがありました。

まさか……本人が来てその時に使用……

なんてことはないみたいですね。

もっとも自分が見た限りでは誰も座っていませんでした。

ってかさすがに堂々と座れないですね(笑)

あと会場を回っていて思ったのですけど

何となく電動自転車が増えた気がしました。

もっとも去年まではマウンテンとかは

それ程興味がなかっただけに気が付かなかっただけかもしれませんけど。

それにしても雑誌とかを見ていても思いましたが

電動といってももう以前みたいに大きいバッテリーを積んで

『いかにも電動自転車です!!』って感じのスタイル(?)

ではなくなってきているようですね。

技術革新が進んでバッテリーとか

モーターが段々コンパクトになってきているのでしょうか。

パッと見た目にはもう普通のマウンテンバイクと

ほとんど変わらないという感じにみえます。

まぁ、まだまだこれから小型軽量化が進むでしょうし

段々と価格も安くもなるでしょうね。

ただ、さすがに電動は主にマウンテンやシティサイクル系が多かったですね。

ロードも一応ありましたけど

どうも需要があまりなさそうな……。

いずれもカッコいいですね。

できれば乗ってみたかったですけど

もう締め切られていたみたいでアウトでした。

 

 

で、トレックは?

と思って見回してみたら……ありました。

けど……

他社の本格的マウンテンスタイルを見た後だけに

さすがにこれは……。

もしかして『チェックポイント』と同じコンセプトなのかな?

とちょっと考えてしまいました。

 

他にも見回ってみたら面白いのが結構ありました。

最初見たときは

これってオートバイ?

て思いました。

こんな太いタイヤとアシストモーターがあれば

大概の所は走れちゃうんじゃないでしょうか?

ただ、話ではまだ一般発売はされていないそうです。

あと余談ではありますが

折り畳み用のヒンジはいらないかもですね(笑)

折りたたんで持ち歩こうにも

きっと重くて持ち運びどころじゃないかと。

あ!もしかして置き場所を省スペース化するためなのでしょうか?

 

それからこれですけど、

これは移動用というよりもむしろ

ストレッチ用と言うかトレーニング用ですかね。

後輪の前にあるステップに足を固定して

その足を上下に交互に踏み込む様にしてぺダリングして前に進みます。

同じものが外にあったので実際に乗って走ってみました。

最初は真っ直ぐ走るのが結構難しいですけど

少し走ったら段々慣れてきて結構真っ直ぐ走れるようになりました。

でもこれ……結構地味に足にきます……。

いいトレーニングになりそうですね。

 

後は余談ですが

こ~~んな『黄門ちゃま』(?)のゆるキャラとか(*^_^*)

こ~~んな萌え系キャラとか\(^o^)/

新潟県のキャラということで

直接見に行くのはちょっとキツイかな……。

いや~~~~、楽しかったですね~~~(^o^)

物販の方は目ぼしいものがなかった……というか

既に自分に合ったサイズはもう売り切れていた

という感じでしたので買い物はほとんどしませんでした。

去年はいくらか買い物もできただけに

無くなるのが早いなと思っていたのですけどね。

確かに人が多かった気がしたのですが

どうやら翌日の天気予報があまりよくなかったので

それを見越してこの日に人が集中したという話ではあります。

もっとも真偽のほどは定かではありませんが。

ですが、試乗で狙っていたのは一通り乗れたのでとりあえず満足でした。

また来年も来れたらいいですね。”

 

 

 

いや~読み応えのある内容!!

レポートの完成度がすごすぎて

行った気分になっちゃいました(笑)

感謝<(_ _)>

 

ちなみにご指摘頂いていた電動のマウンテン!

TREKからも年内に出ます(^_-)-☆

電動バイク、海外ではずいぶん普及してきていますが、

国内でも首都圏を中心に電動バイクがかなり伸びてきていますね。

“電動自転車=おばちゃんやママの乗り物”というイメージ

それはもう古い(ー_ー)!!

 

電動バイクが自転車という固定概念や枠を超える!?

個々のスタイルに合うものを選べるということは

人生を豊かにしてくれるツールとして

様々な人に楽しみ方の選択肢が広がるということですね\(^o^)/

 

 

みなさまも来年機会があれば

ぜひ足を運んでみてください!!

新しい発見があるかもしれませんね( *´艸`)