創業当時から変わらないケンズの想い

お客さまの笑顔を見たいから。

初めての自転車に顔をほころばせた幼い日々を思い出すように
自転車に向かうとき、お客さまの表情は輝いて見えるんです

先代が自転車の卸業を始めたのは昭和31年。
家業を継ぐも”お客様と直接ふれあいたい”と小売業に専念。
その後、スポーツバイク専門店として「ケンズ」を立ち上げたのです。
昭和から平成へと移りゆくその頃は、まだスポーツバイクとしての自転車はそれほど認知されていませんでした。

厳しいなぁと思うこともありました。
迷うこともありました。
でもそのたびに私たちを支えてくださったのは”お客様の笑顔”です。
そして、そんなお客様がたくさんいらしたから「ケンズ」がありました。

そしていま、NEW「ケンズ」は”Live&Ride”をテーマに掲げ発進しました。

忙しさのあまり家族の会話が少なくなっても
自転車に乗り、おなじ風を切って走るだけで何かしら心が通じ合う。
何か思い通りに進まないとき、風にふかれ、花の香りをかぎ
あてどもなくペダルをこげば軽くなっていく心を感じられる。

そんな風に自転車とともにある暮らしが
心やすらぐ、心はずむものになってほしい・・・。

私たち「ケンズ」の願いです。
ずっと、ずっと。