“お値段以上○○○♪”!?

突然ですが、問題です(^o^)丿

サイクルウエアの中で

「トップス」「ボトムス」「インナー」
重要度が高いのは?

 

 

実は・・・

「ボトムス」>「インナー」>「トップス」

こうなのです☝

\(゜ロ\)ホンマカイナ? (/ロ゜)/ホンマカイナ?

 

いや、コレほんと!!

 

ボトムス。

自転車に乗られた多くの方が直面する問題、お尻の痛み。
パット付きのパンツ(インナーパンツなどもあります)をはくことでかなり解決します。

 

 

そして次に欲しくなるのがトップス。

デザインもですが、自転車に乗るための機能が満載。

 

ところが、重要度が高い順でいくと…

ここでインナーなのです( ..)φメモメモ

 

 

四季のはっきりした日本、1年を通じて外気温はおよそ35℃~0℃くらいの幅がありますよね。

自転車というスポーツの特徴として、上りなどで大汗をかいた後、下りでは全くペダルをこがずに進むことが出来てしまい、一気に運動強度が下がる。

そして“かいた汗が冷えて思い切り寒さを感じる”((+_+))

この度合いが、他のどのスポーツよりも強いのが自転車なんですね!

 

そこで自転車ウエアに求められるのは、いかにその差を少なく感じさせられるか

だからインナーの選択を誤ってしまうと…完全にアウト(>_<)
一方で、ウインドブレーカーなどの備えがなくても、

インナーさえキチンとした物を身に付けていれば!

かなり大丈夫(*^^)v なのです♪

 

「心地良い体感温度を保ちながら、走り続けられること」
その心地良さを生み出す役割の半分以上は、

汗をかいた際に最初に触れる生地=インナーの役割

と言っても過言ではないかもしれません(^^)b

 

 

つまり、日常生活において有効な“発熱して保温する機能”だけではダメ。

保温力や着心地はもちろん、汗をかいた後に本領発揮してこそ!!

自転車には自転車のためのインナーがベストだと、私も着用して実感しましたっ\(◎o◎)/

 

そこで!!

実際にスタッフが着用して“お値段以上~♪”だったものをご紹介。

 ↓ ↓ ↓

**冬の季節にオススメの長袖インナー**

【ASSOS/アソス】スキンフォイル EVO7 LS.アーリーウィンター(長袖)
外気温10℃前後
胸前から肩部分にかけてのブロック溝が深くなり、自らが作る暖かい空気の含有量を増やして暖かさを増す工夫がされています。
シーンによっては、一桁の気温にも充分対応可能ながらも、過剰な暖かさではないので、厚手のインナーが苦手な方や、冬場でも運動量・発熱量の多いライディングをされる方には、LS.ウィンターよりもむしろ、こちらがオススメかも。
秋から冬のインナーをどれか一つで済ませたいという方には、こちらのLS.アーリーウィンターが守備範囲が広くマルチに使えます。

 

 

【ASSOS/アソス】スキンフォイル EVO7 LS.ウィンター(長袖)
外気温5℃前後
LS.ウィンターはインナーとして最上位の暖かさの位置付けのアイテム。
その為の工夫が随所に施され、一つ下のLS.アーリーウィンターとは一線を画す暖かさのインナーとなっています。
触った感じはそれほど厚手に感じませんが、真冬でも2枚のレイヤーリングを基本と考えるアソスなので、その時期用のインナーということでしっかりとした暖かさを感じられるアイテムになっています。

個人の感想として、冬場の夜練もこれがあれば平地から暖かく感じられるほどでした。

 

 

天候に合わせてサイクルウェアをレイヤーに重ねて着ることを推奨するアソス。
メーカーいわく、「アウターよりもインナーを試してもらいたいくらい!」とのこと。
アソスのインナーウェアは、フィット感、そして通気性、汗の速乾性が優れていて、サイクルジャージの下に着ることで1枚で着るよりも快適性を増します。また、高いデザイン性で半袖ジャージと合わせた時に出るアーム部分がすごくカッコイイです♡

他にも、CRAFT(クラフト)やPEARL(パール)などもオススメです!

 

「寒いの苦手~!」という方は、外側(アウター)ではなく中側(インナー)を見直してみるといいかもしれませんね。
まずはお手持ちのアウターはそのままで、インナーを代えてみてください。
効果を感じていただけると思いますよ(^_-)-☆